未来にタイムスリップ!・・・5月13日えら部フェス2018に参加した読者ライターのブログ記事みつけました!?

タイムマシンに乗り、
未来のブログ記事を見つけました!

えら部スクールフェスティバル2018

当日の会場の様子がよく伝わる、
えら部読者ライターさんの投稿です。

この記事には、
えら部読者ライターになるまでの経緯や
ライターとして体験したコトが細かにかかれています。

現在、
えら部読者ライター応募を検討されている方の、
応援メッセージになると嬉しいな。

まだ見ぬ読者ライターさん♪
お会いできる事を楽しみにしています!
—————————————

今日は、5月13日
「母の日・私の日」

えら部スクールフェスティバル
に参加してきました!

私にとって一生の思い出となった今日。
まだ興奮冷めやまず、書いています。

2016年はあの大雨で参加を断念。
2017年は、気持ちが乗らず。

えら部フェスが気になっていたものの
えら部フェスに参加できずいた私。

2018年の開催が5月になると聞き、
今年こそは参加してみたい!

そんな風に思っていた矢先に
友人から
「えら部読者ライター」を
ススメられました。

いつも見ているあの「えら部」の
読者ライターに私が・・・?

えら部フェスに参加もしていないのに
えら部フェスの企画に携わるなんて。

「私に出来るわけがない!」
そんな風に思っていました。

何かにチャレンジしたくても
何も行動が伴わなかったこの数年。

そんな自分に嫌気がさしながら
どんどん輝きはじめる友人の姿を見て
さらに自分が嫌になる。

何度かFBで投稿されていた
えら部読者ライター募集記事の
「体験☆発見☆好きになる 私から」

このタイトルに惹かれ、
えら部編集長山内さんの
「経験がなくても大丈夫」
そんな投稿に少し安心しつつ、
友人のススメもあったので思い切って応募しました。

これは本当に勇気のいることでした。

どんな人が一緒かわからないし
私に出来なかったら、どうしよう・・・

応募はしてみたものの、
「落選」を願っている私がいました。

思わぬ当選のお知らせに驚きつつ
本当は、断ろうかと思ったけど

実行委員の皆さんからの
温かいメッセージに勇気をもらい
「やってみよう」という気持ちになりました。

はじめに行ったのは、
当選した4人のライターが集まる
山内編集長の「ライター講座」

難しい言葉は無く、わかりやすく
体験記事を書くコツを教えてくれました。

見ている相手も私と同じ目線。
だから自分らしく自分の言葉で書けばよい。

面白いと思ってもらえる体験記事を書くコツは、
自分が相手の立場なら何を知りたいのか、考えること。
見ている人が欲しい情報を順序よく書くこと。
楽しそう!と思ってもらえるコツは
自分が楽しむこと。

だから一番大事なのは
「思いやり」と「遊び心」だと。
山内さんは言っていました。

それなら私も出来るかも!と思い、

同じように他の3名のライターさんも

私と同じ境遇な方ばかりで少し安心しました。

 

私が体験に行ったのは、

格上げおしゃれプランナー
おく さおりさんの講座。

緊張しながら迎えた体験日

そこには笑顔で迎えてくれた
実行委員の方々が。

そして緊張している私に、
さおり先生がおっしゃいました。

私にとって初めての講座でもあるので
私の方が実は、緊張しているんですよ~
だから
素直な感想を聞かせてくださいね。と

その言葉に、肩の力が抜けて
実行委員の皆さんと楽しむ
心の準備が整いました。

講座では、
さおり先生の言葉が胸に刺さりました。

私は小柄で
肌のコンプレックスもあり
おしゃれとは無縁のフツーの主婦でした。

子ども達が成人し
自分の時間が持てるようになった頃、
自分のためのステージをつくりたいと思い、
自分を磨くための講座やレッスンに何度も通いました。

えっ?子どもが成人って?
さおり先生、お幾つなんですか?

5〇歳です(笑)

えーーー!
私より年下で30代と思っていました。

気軽にこんな質問にも応えてくださり
会話も弾んでいきました。

「格上げおしゃれプランナー」として、
沖縄初となる認定講師の、さおり先生。

Tシャツひとつ選ぶにも
身長や骨格で似合う「丈」がある。

その自分サイズを知ると
お買い物が楽に、時短になるから
ますます、おしゃれの時間が持てるようになりますよ、と。

ほかにも沢山の
実践的でスグに役立てられる「おしゃれ」のコツが学べました。

(詳しくは、えら部フェス公式サイトに私の体験記が
掲載されています)

そして待ちに待った今日、第三回
えら部スクールフェスティバル2018

朝イチから会場前に長蛇の列・・・
シャトルバスが
奥武山公園駅や近隣駐車場とピストンしていました。

正面玄関が開くと、、、
我も我もと
お目当てスクールブースにまっしぐら。

私も、
さおり先生のブースにまっしぐら。

朝イチの授業から
それは沢山の参加者が座っていて
さおり先生、とってもイキイキとされていました。

同じ授業を1日で5回もこなすなんて
体力も気力も必要なはずなのに・・・

私が初めて受講したあの時より
断然、笑顔で活気ある感じがして

さおり先生の
「伝えたい」気持ちがヒシヒシと伝わってきました。

私も、講師を目指そうかな。
さおり先生のように輝きながら
人を元気に笑顔にする仕事をしたいな。

・・・なんて。
会場の熱気が更に私を刺激する。

他にも沢山のスクール体験ブースがあり
どれを受講するか悩みながら、
会場をウロウロ・・・

全て無料で受講できるなんて
もっと早く私も参加したかった!

スクールブース以外にも
ランチやスイーツ、
可愛い雑貨の販売や、
整体や占いも出来るブースもあり、
一日中楽しめました。

あ、いけない・・・
私はライターだから
来場者で楽しんでいる場合ではなく
来場者をインタビューする役割がありました。

授業開始に、
館内に響き渡るチャイム
「キーンコーンカーンコン」

な、なつかしい・・・。

チャイムと同時に
49コマの様々なジャンルの授業が一斉に行われます。

チャイムと同時に授業は終了。

合間の休憩時間に、
数人の方にインタビューしました。

「何を受講されましたか?」
「受講されてみていかがでしたか?」
・・・と。

私もライターらしく振る舞うことができ
またひとつ「出来た」が増え嬉しかったです。

ひとつひとつ、私に出来ることを
準備してサポートして完成させてくれた
えら部フェス実行委員の皆さんに感謝しています。

私は朝から夕方まで
結局、1日MAX5回の授業を受けました。
会場を駆けずり回っていましたが
思いのほか疲れはなく達成感でいっぱいです。

今週末は、
ライター参加特典で頂いた
ナンマムイネイチャーリゾート宿泊券を利用して
家族と、やんばるの自然を楽しみながら
ゆっくり癒されてきます。

こんなに貴重な体験をさせて頂きながら
こんな豪華なプレゼントももらえるなんて。

えら部読者ライターに応募して
本当に、良かったです。

えら部フェス2018は今日で終了しましたが
会場の様子や、私のインタビューは
スクール情報誌えら部6-7月号に掲載されますので
是非、ご覧ください。
—————————————

◆えら部読者ライター募集◆
応募条件
①年代:20代~50代 4名募集
②氏名・年齢・写真を公表可能な方
③Facebookアカウントを持っている方
④Facebookメッセンジャーで連絡取れる方
⑤人気職種ライターを体験してみたい方!
募集期間:1月15日(月)~1月27日(土)
参加費:無料
参加特典:山内編集長の『ライター講座』受講無料。
ナンマムイネイチャーリゾート宿泊券プレゼント!
☆☆☆☆☆ 応募方法 ☆☆☆☆☆
下記項目をMailにてお送り下さい 。
送信先 : fes@erabuu.okinawa

件名 : えら部読者ライター
1.氏名 :
2.年齢 :
3.職業 :
4.電話番号:
5. お住まいの市町村 :
6.Facebookアカウント名
7.応募動機 :

応募多数の場合は、
応募動機を参考に選ばせて頂きます。
結果発表は1月末となります。
応募者にメールにて通知いたします。
また、Facebookえら部フェス公式アカウントでも
発表予定です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以上、
あなたのご応募をお待ちしております^^

☆———————————
えら部スクールフェスティバル2018
母の日・私の日~Love Myself~
2018年5月13日@沖縄空手会館
———————————-☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です