『私を認めて自分を生きる』スクール情報誌えら部8-9月号 表紙の人は・・・

『私を認めて自分を生きる』

スクール情報誌えら部8-9月号
表紙の人は、
山田元子(かれん)さん。
47歳。

もう、ご覧になりましたか?
(電子書籍版は→コチラ

これまでの『えら部』とちょっと違う雰囲気に
「誰、これ~?」と、、、
ちょっと話題になりつつ。

この「抱きしめたい」ポーズが
FBなどSNSで流行りだしているそうです。

かれんさんは、
楽しく・楽に・速く読む『楽読(速読)』
のインストラクターさんであり、
ときおり女優業もされています。

かれんさんが『楽読」に出会ったのは4年前。

当時は、本を速く読みたいというより
楽読のインストラクターという仕事に、
興味が湧いたという。

そんなかれんさんの当時の仕事は
「お金の専門家」

20歳から21年間
大手証券会社につとめ
難関の「証券アナリスト」資格も取得。
支店の営業課長まで登りつめたのちに、

更なるお金の専門家である
税理士を目指すために退職し
会計事務所に務めていたそうです。

証券会社に勤めていた頃は、
「人を見たらお金だと思った」と。

そんな、かれんさんは
今ではスーツを脱ぎ捨て、
こんな↓感じで、楽読のインストラクターの仕事をしています。

(これは↑インストラクターの正装だそうです)

どうして
「お金の亡者」が、「速読の講師」に???

人がお金にしか見えなかった時代に、
突然、今のかれんさんのような人に出会い、
きっと衝撃を受けたのですね。

「人生を楽しむ」
「自分の可能性を楽しむ」
「理想を現実にする」

これらをミッションに「生きる」と決意してから
2年後に乳がんが発覚したかれんさんは、

自分で自分のことを
「私は世界一ハッピーな
サバイバー(がんで生き残る人)」と言っている。

乳がんだって自分の分身、
だから嫌味嫌うのではなく
ちゃんと向き合いたい、と。

その乳がんが教えてくれたモノは
「自分を認めるチカラ」

詳しくは→コチラのwebページに取材記事を載せています。

今回の表紙のイメージは
ユニセックスな感じにしようと決めていましたが、

突然、かれんさんは、
用意されたジャケットを脱ぎ捨て

「抱きしめたい」を表現。


「私は世界で一番いとおしい存在」

そんなメッセージを受け取りましたが

かれんさんに言わせると
「あなたはよくやっている」と。
自分で自分を抱きしめて欲しい!!という、
世界中の女性に贈るメッセージだそうです。

そんなかれんさんと
「交流できる場所」をつくりました。

それは、えら部の大人の社交場、
夜の部活動、のむ部。


8月31日(金)18時~
えら部の新しい事務所で「呑み会」を行います。

えら部の新事務所で
かれんさんをお招きして呑み会を行いますので
かれんさんに会いたい方は是非、気軽にご参加くださいね♡

詳細は→コチラをご覧ください。

さらに9月2日は、
かれんさんの48回目の誕生日。

楽読 那覇 安里教室で

かれんさんの誕生会&レッスンが行われます。
そこでは
かれんさんが速読で『ラクに独学で』
保育士の資格試験を合格した話も聞けます。

詳しくは→コチラをご覧ください。

そして更に9月9日には
うつ病からの大逆転→30代で社長デビューした
楽読ジャパンの石井真氏が来沖し
沖縄サロネーゼハウスでセミナーを開催。

詳しくは→コチラをご覧ください。

かれんさんが気になる方、
楽読が気になる方は是非、参加してみてくださいね。

かれんさんのように
新しい自分と新しい人生の発見があるかもしれません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です